ペットブームの流れから、犬を飼う家庭が非常に多くなってきました。
昔は番犬という目的がほとんどでしたが、最近では癒やしなどを求めて小型犬なども非常に人気が高くなりました。
犬を飼うことは、人生で大切な時間を共にする家族が増えることを意味します。
しっかりと愛情を注いで育てることが非常に重要になります。
犬の世話で注意が必要なことは、幼少期からしっかりとしつけをすることが重要です。
犬も人間同様に、子供の頃は分別なく自由に行動をします。
飼い主がきちんと良いことと悪いことを教えないと、大人になってからも同じ行動を続ける癖がついてしまいます。
良くできたら褒めること、悪いことをしたら叱ることをしっかりと行うことが重要です。
犬は非常に知能が高いので、覚えたことはきちんと実行してくれます。
そこで飼い主に対して信頼なども生まれるので、可愛がるだけではなく時には厳しく接することも重要です。
とくに犬の歯石除去を無麻酔で安時は注意が必要です。
一般的に大型犬の方が知能が高いと言われていますが、小型犬も物事を覚えるだけの知能は十分にあります。
可愛いから甘やかしやすくなりますが、心を鬼にして叱る訓練も必要です。
犬の飼育は一日中必要になることも忘れてはいけません。
仕事などで日中留守にすると、犬は非常に寂しがります。
きちんと世話ができるかを判断することも、飼い主にとって重要なことになります。
また犬は朝の早くから起きたりする傾向もあるので、常に一緒にいてあげるくらいの気持ちでいたほうが良いです。
犬は一緒に暮らすと愛着がわき本当の家族になれるので、大切に育てることが重要です。

トラックバック | コメントのRSSを取得

コメントする

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント